CASE STUDY

― 導入事例 ―

災害時に必要なネットワークの本質をついた
無線ネットワークの構築を実現

人吉下球磨消防組合消防本部(熊本県)

業種

消防署 消防団 自治体

エリア

九州(熊本県)

人吉市及びその周辺6市町村から構成される消防組合で管内面積はおよそ972㎢、管轄人口は約6万人。日本三大急流に数えられる球磨川が中央部を流れ、自然災害への対策意識が非常に強い消防組合。

INTERVIEW

導入インタビュー

消・救無線の機能は保持しつつ、動態管理や画像伝送機能も搭載しており、まさに我々が求めているデバイスでした。

消防庁 深江政友 様

消防本部、消防団、自治体をつなぐ組織の壁を越えた防災情報ネットワーク

大規模災害時には消防本部、周辺市町村の消防団、自治体の担当課と素早く連絡を取り合わなければいけません。平時通信が途絶えた場合の対策として防災無線電話や防災用IP電話を備えていますが、移動が困難であったり1対1の通話しかできなかったりと問題が多数ありました。モバイルクリエイトのiMESHは通信エリアが広大なため山間部などでも問題なく通話を行うことができることに加え、1対nの通話やグループ通話が可能です。iMESHは災害時の復旧作業における作業効率を飛躍的に向上させてくれました。

動態管理システムや画像伝送機能で
より正確な情報共有を実現

動態管理システム「モバロケ」を利用できるiMESHはブラウザがあればリアルタイムで無線機の位置を把握することができるため隊員、団員、職員を管理することが出来ます。また、無線による音声通話だけでは現場の状況を正確に伝えることができない場合にも、画像送信機能や画像プロット機能を利用することで正確な情報共有を行うことができるようになりました。

REASON and RESULTS

導入の理由と効果

1

消防署、消防団、自治体と素早く情報共有したい

解決

公共インフラを使うiMESHは組織をまたいだ運用が可能

2

山間部など不感地帯をカバーしたい

解決

iMESHは携帯電話が使える場所であればどこでも通話が可能

3

1対複数の通話をしたい

解決

一斉通話やグループ通話などシーンに応じた1対複数の通話が選択可能

4

画像の送受信も行いたい

解決

テキストに加え、画像/動画の送受信が可能で、動態管理画面上に画像/動画を表示させることも可能

RECOMMEND

オススメ機能

組織をまたいだ通話

消防本部、消防団、自治体でネットワークを共有することで組織をまたいだ通話が可能

一斉同報通話

一斉通話が可能。緊急時に素早い情報共有を実現

広大な通信エリア

携帯電話が使える場所であればどこでも通話が可能

写真/動画送受信

音声通話では十分な情報共有が出来ない場合は画像/動画送信で正確な情報共有を実現

アプリと専用機間の通話

業務内容に応じて最適なプロダクトを利用可能

防水・防塵性能

IP68相当の防水・防塵性能を備え、雨天時の野外利用も可能

DEPLOYMENT

導入システム

ハンディ型IP無線端末

IM-550

堅牢で機動性に長けているハンディ型IP無線機を導入。
IP68相当の防水・防塵性能を備えているため台風などの豪雨の際でも問題なく利用が可能。

READ MORE

動態管理システム

モバロケ

隊員、団員、職員はもちろん車両の位置情報管理を可能にするモバロケ。
地図上に画像を表示させることもでき、どこで何が起こっているかを瞬時に把握。

READ MORE

車載用IP無線端末

IM-870

車載専用のIM-870を導入。
ハンディ型端末やスマホ用IP無線アプリとも通話が可能。

READ MORE

人吉下球磨消防組合消防本部(熊本県)

熊本県人吉市下林1

http://fire119-hitosho.com/