iMESH CONCEPT

― コンセプト ―

つながるチーム、進化するパフォーマンス

iMESHは携帯通信網やWi-Fi等のデータ通信を利用した、全国どこでもつながるIP無線システム。物流、交通、イベント、災害時の現場に至るまで、活用フィールドは広がりをみせています。

お手持ちのAndroid及びiOSを搭載したスマートフォンにアプリをインストールするだけで利用できるアプリ版iMESH、堅牢で防塵・防水性能を備えたハンディ型端末IM-550、様々な車載デバイスとの連携の可能性を秘めた拡張性の高い車載専用端末IM-870など、シーンに最適な機種をお選びいただけます。

ワークスマート、チームコミュニケーション、ビジネススタイルを進化させるために必要な全てがここに。

IP無線機とは

IP無線は携帯電話回線を使用した業務用無線です。一般的な業務用無線機とは異なり、NTTドコモの電波が入る場所であれば、日本全国どこでも無線通話が可能です。また、業務用IP無線はパケット通信を利用して通話しているので、音声以外の情報を送受信することができます。ほかにもさまざまな機能を活用した、一般的な業務用無線機では得られない便利なサービスをご利用いただけます。

iMESH READ MORE
IM-550 READ MORE
IM-870 READ MORE

iMESHが選ばれる5つの理由

01 免許の取得・アンテナの
設置が不要

無線局開設時に必要な免許申請や無線従事者の資格、
基地局やアンテナ設置は、業務用無線導入の高いハードルでした。
IP無線システムiMESHは従来のアナログ無線とは全く異なり、NTTドコモの回線を使用しているので、
免許の取得や基地局・アンテナ設置は不要で、機器さえ準備できればすぐ使用することができます。
短期間でのご使用、免許や申請がハードルとなって無線を導入されなかったお客様にも、
お手軽にご利用いただけます。

02 広大な通信エリア

ビルの谷間、トンネルの中や地下など、
通常の業務無線機だとつながりにくい場所があります。
必要なタイミングで無線がつながらないことで、業務が滞ったり、ビジネスチャンスを逃したり、
お客様に迷惑をかけてしまうということがあるかもしれません。
iMESHならば、携帯電話が使える場所であればつながるエリアは日本全国。
しかも災害時に規制のかかる「音声通話」ではなく、
規制の対象となりにくい「パケット通信」のネットワークを利用しているので
とてもつながりやすくなっています。

03 多彩な通話モード

iMESHは多彩な通話モードを兼ね備えています。一斉通話やグループ通話、個別通話も可能です。
さらには通話したい端末が通話中で通話に参加できない状況でも、強制割込通話が可能です。

一斉通話
(一斉同報)

同じネットワークに存在する
iMESH端末と一斉通話が可能です。

指令局通話

通常端末から指令端末とのみ
通話ができます。
通常端末での通話を
したくない場合に使用します。

グループ通話

ご指定の端末をグループで分け、
グループ内での通話を可能にします。
違うグループへの呼び出しも可能です。
(最大50グループ)

強制割込通話

通話したい端末が通話中で
通話に参加できない状況でも、
権限を設定した端末から
割り込んで通話が可能です。

04 動態管理システムを
標準装備

データ通信を利用することで端末の位置情報を把握できる、
動態管理システム「モバロケ」を標準装備しています。
車両でiMESHを利用すると、走行状況(向きや速度など)をリアルタイムで把握することができます。
また、災害時には、救助隊員がどこにいるか、
災害に巻き込まれていないかといった確認ができ、
防災対策としてもご利用いただけます。
※IM-870は動態管理システムはオプションとなります。

モバロケについて

05 アプリと専用機間の
通話が可能

アプリはアプリ同士、専用機は専用機同士でしか通話できないのが一般的ですが、
IP無線システムiMESHの場合は、iMESHプロダクトすべての端末同士で通話が可能です。
オフィスではアプリ版、現場作業をするスタッフにはIM-550、車両にはIM-870というような
ご利用状況に合わせたプロダクトの選択が可能です。